読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールでばりばりどーん。

シンガポールでの文化体験、健康的暮らし、子育て、教育、英語学習などについて綴ります。

インターナショナルスクールへの転入<準備編 1>

日本人学校に通っている娘が

インターへ転入することになったので

その流れをざっくり。

 

  • 学校探し

検討したい学校へ直接コンタクトをとります〜。

幼稚園含め、インターを検討する時、

おすすめなのがコチラ!!

☆☆ Compare schools by honeykidsasia ☆☆

 

カリキュラム、授業料、ESLの有無など

学校の詳細情報がリストしてあって

すごい助かる〜〜!!(*゚▽゚*)

もっと早く見つけたかった。笑

もちろんここに載っている学校が

全てではないと思うけど、かなりの数

載ってるのでオススメです。

 

あとは、日系フリーペーパーの『Spring』の

Web版にもインターの情報が載ってます!

インター校情報

ここからはマップ&リストが一覧できます!(2015年3月時点)

 

通年で募集してるとこが多いけど、

子供の生年月日(DOB= date of birth)を

伝えて、空きがあるかいちおう確認。

そして見学を申し込みました。

息子の時と合わせると

全部で8校くらいみたけど、

どこも快諾してくれましたよん。

 

  • 見学に行く、連れて行く 

 実際に学校に足を運ぶのが一番。

設備だけでなく、そこで働く人、学ぶ子供の様子、

あとなんかわかんないけど空気感みたいなもんとか

肌で感じてみました。親も子も〜〜

個人的には子供達の荷物や備品、

図書館のメンテナンス具合とかも、

ちょっと見たかな。

なんでかっていうと、、、

インターって掃除の時間とかないし生活文化も違う。私たちは日本人だから物を大切にしたり、身の回りを整理することもちゃんと身につけてほしいとおもって。日本人学校だと学校生活の中で自然と身につくんですが、インターはだとやはり親がきちんと伝えないとって聞いてたので。見てると、、、やっぱ学校によって子供の持ち物とか散乱w ぐっちゃぐちゃーっていうとこもあって。そういうの見ると、先生、こういうとこはあんまりアシストしないんだなーってわかるし、図書室があまりにぐっちゃぐちゃだと本を大切にするとか、そういう気持ち生まれないよなーって思ったので。ま、最終的には、親がどう教えていくかなんですけどね〜汗。

 

●検討→決定

追加でききたいたことが出てきたら、メールなどでやりとり。

ご主人連れて2回目の見学に行かれる方もいるみたい。

うちも主人と一緒に参加した見学もありました。

そして、家族会議。てかまず夫婦で会議。

もちろん行くのはこどもなんで

彼らの考えが一番大事です。

が、その前に両親の考えやスタンスをすり合わせ。

これも大事ですねー。お金の話もありますねー(現実。。)

夫が出張とか入っちゃって

なかなか時間がとれず、難航することもある。

イライラすることもある。(現実。。)

頑張れ、踏ん張れ。父、母  _φ(・_・

 

  • 入学手続き

ここからは学校によると思うんですが

私がやったことを振り返ってみます。

 

やったこと。

「手続き進めたいんですが、

次にやることはなんですか?」

て聞きました。

ってこんなざっくりした質問を投げても

ちゃんと教えてくれました。。

ありがとう。

 

学校からの返事↓(抜粋)

to submit an application form, any previous school reports you have and the application fee of $****(you can make an online payment)

Once we have the above, we would arrange for your daughter to sit for the admissions assessment. 

 

  1. アプリケーションフォームの記入し、
  2. 前の(今通ってる)学校からの成績証明をもらって
  3. Application fee の支払いが済み次第、

アセスメントに進めます。

 

つーことでした!ふむ!

 

ちなみに入学時に払う費用は学校によって、

Application fee, Registration fee,

Enrollment fee, Addmission fee,

などと名前が違ったり~

Application fee がなくRegistration fee だけの

ところがあったり~

Application feeはないけどAssessment fee が必要

というとこもありました。。

うちは、

1、Application fee =アセスメント受けられる

2、Registration fee =実際に席を確保してくれる

という感じでした。

 

長くなってきたので

学校の成績証明の取り方や

その他必要書類の用意などについては

引き続き<準備編 2>でまとめまーす。

 

娘、初めての英検をシンガポールで受ける

英検、シンガポールでも受験可能です。

日本人会のホームページで

英検の情報を随時公開していますー。

 

英検

 

日本人小学校の子たちは

受験する子も多く

娘もお友だちに刺激を受けて

「受験してみたい!」と言いはじめたので

(すごいな…友達の影響…)

受けることにしたのです。

1月に受けた英検の振り返りしながら

その手順をまとめてみます〜。

 

 

●まずはオンラインで申込み

日本人会のホームページで、

随時次回検定の日程の案内があります。

申し込み期間に、オンラインで

申し込みができます。

検定料の支払いは、

毎月の日本人会からの請求に

のせてもらう形でした。

 

●試験当日までの準備

といっても試験が近くなるまで

特別なことはやりませんでした。

普段学校でやってる勉強と、

スカイプのオンラインレッスンだけ。 

 

でもいちお、こんなんは買ってみた。

 ----------------------------------------------------------

 

2016年度版 英検4級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

2016年度版 英検4級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

 

 

-----------------------------------------------

 

試験形式に慣れておくのは大事なので。

 

だがしかし!駄菓子菓子。

リスニング問題用のCDは別売ということに

後から気づき、リスニングの過去問はできず。

リーディングだけ…(・∀・)ちーん

 

さらに言うとですね、、、過去問は英検のWEBサイトで公開はされてまして。(・∀・)ちーん

 

以上踏まえ、これから受験を検討されるみなさま方におかれましては、こちらを利用されるのがよろしいかと思います(・Д・)/

試験内容・過去問 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

 

あとはアプリもいまいろいろあるので、それを活用するのも手です。うちのはスタディギアという英検公式アプリを使いました。

 ↓

<英検公式>スタディギア for EIKEN - 英検対策学習の決定版! on the App Store

 

勉強はそんなもんかな。

時間をはかって模試を一回やらせました。

受験票は、試験の2〜3日前くらいに

学校から受け取ってきました。

日本人学校に通っていない人は、

当日、試験会場で受け取るみたいです。

 

 ●試験当日〜

試験会場は、クレメンティの日本人小学校。

受験票に書かれた教室へと向かいます。

受験番号は氏名の50音順に振り分けられてる様子でした。

娘は仲の良いお友だちと同じ教室だったので

割とリラックスした様子で会場へ。

 

クレメンティ校は、

何気に初めてでウキウキする私。笑

 

試験開始前、開場したら

保護者もいったん中に入って付き添えます。

ここで名前や必要事項を娘と一緒に

確認しながら記入しました。

そのあと、トイレへ連れて行き、

準備完了!

時間に余裕はありましたが、

「じゃ、頑張ってねー」

と、言い放ち早々に退散しました。

 

保護者が待機できるスペース(教室)あります。

自販機で飲み物買って、試験が終わるまで

お友だちのママとペチャクチャおしゃべり。

 

ちなみに、準2とかになると試験時間が長くなるみたいで、その際ママたちはジュロンまで出ちゃって、アウトレットとかで時間つぶすって言ってました。ふむ。

 

試験が終わり迎えに行って、

どうやら、ひと通りできたとのこと〜〜。

よかった^_^

 

ちなみに、問題用紙は持ち帰れるので、

答えを書いておくと

試験の翌日(の午後だったかな?)に、

WEBで解答速報が出るので

答え合わせができます。

 

●合否発表〜

さてさて、気になる合否については、、

WEB閲覧できるようになるのが試験から約2週間後。それからさらに1週間くらいで、合格証が日本人会に届きます。取りに行きましょう〜〜。

 

娘はというと、、、

f:id:nyonya_munya_365:20170215211815j:image

やったー! 合格!(*´꒳`*)

頑張ったねー!おめでとう♡

 

海外で暮らしてるけど、

それが理由じゃない。

合格できたのは、

娘の日々の努力の成果!

コツコツ頑張る娘。

これからも応援したいなと思います!

 

次回に向けて、また頑張ろう!

 

シンガポールTotal Defence Dayに思うこと

昨日2月15日はシンガポールの

Total Defence Day(国防の日みたいな感じかな。)

ということでローカル小学校では、

世界第二次大戦時のことを赤裸々に

振り返ったりするようです。

 

息子をローカルに通わせることが決まってから

この日が1番気になってて、

家でもきちんと話さなきゃと思ってました。

 

でも…

日本ではあまり語られていないからか、
私がちゃんと勉強してこなかったのか
恥ずかしながら、私はつい1~2年前まで
日本がシンガポールを支配していたことすら
知りませんでした。 

 

これではダメだと思い、、、

日本人会の図書室で、

こんな本を借りてみました。

 

f:id:nyonya_munya_365:20170216120441j:image

『旅行ガイドにないアジアを歩く シンガポール』/梨の木舎

 

2月15日。

1942年のこの日、

シンガポール(イギリス軍)は

日本軍に陥落しました。

 

その後、敗戦まで3年半続いた日本軍の支配は

あまりに残忍で、冷血で、

シンガポール人にとって

それはそれは屈辱的なものだったのです。

 

それを語るにはわたしの知識が浅すぎるため

内容は割愛しますが

とてもとてもショッキングでした。

凹んだ…

 

ナショナルミュージアムにおいても、

シンガポールの歴史を紹介する展示の中で、

日本が占領した3年半は、

The Dark Years (暗黒時代)と紹介されています。

(これを見た時もすごくショックだったなぁ)

 

学校ではどこまで、どんな風に

伝えられるのかわからないけど、

この事実を息子はどう感じるのかな。

それにどう答えてあげたらいいのかな。

そんなことを思い巡らせてたけど

いつも通り、ニコニコで帰ってきた息子。

ちょっと安心したけど、

でも、2人で少ーしだけ話しました。

息子はとても客観的で、

ただ18:20に鳴るサイレンを

楽しみにしてるようでした。

まだあんまりわかってないんだろうね。

 

日本軍の歴史的な汚点(汚点です)

それは今後も消えることはないし。

日本人であるわたしたちは

それを知っておくべきだと思います。

ここで働いたり、暮らしたり、

また訪れたりする人は、少なくとも。

 

日本にいたら感じないこと、

ずっと考えなかったかもしれないこと。

日本国内で、日本語で、 得られる情報が

すべてじゃないって。

当たり前なんだけど、

そんなことも改めて考えた日でした。

 

血債の塔と呼ばれる、

日本占領時期死難人民記念碑。

英語では: the Civilian War Memori。

シンガポールに来て、

もしも近くを通りかかったら、

せめて遠くからでも手を合わせてほしいなと

いまわたしは思うのでした。

朝の公園。素敵な出会い。

朝早くから家族で公園へ。

ここは私たち家族の

シンガポールで1番好きな場所かもしれない。

f:id:nyonya_munya_365:20170212093209j:image

 

何度来ても出会いと発見がある。

 

こないだは、

クジャクが羽を広げて木に飛び乗るとこを

目の当たりにしたし、

ワニかと見間違えるほど大きなトカゲが

砂場を這って横切っていくのに大興奮した。

 

f:id:nyonya_munya_365:20170212093604j:image

 ↑先日お目にかかったクジャクさま

 

自然保護区に定められたこの公園は

もちろんすべての動物たちが野生だ。

 

檻も柵もない中

動物たちとただそこにいると、

自分たちもまた一動物であることに気づく。

そしてそれに安心したり、

人間の身勝手さを反省したりします。

 

 

ワークアウトを終えてひと休みしてると、

 

 f:id:nyonya_munya_365:20170211223646j:image

 

りす発見!(夫が)

鳴き声で、存在に気づいたらしい。

(鳴き声知ってるんですか!)

 

てかりすの鳴き声、初めて聞いた!

なんかイメージと違う…_φ(・_・

 f:id:nyonya_munya_365:20170212095309j:image

りすを驚かせない

ギリギリの距離まで近づいて

子どもたちとじーっくり見つめました。

なんか、モグモグしてる。

木の中に手を突っ込んで

なんかをほじくり出してる。

手がちっちゃくて、

目がくりんくりんで。

あ、飛んだ!

え、そんな飛ぶのΣ(゚д゚lll)

ムササビかって思うほど飛んだ。

ってこれムササビ? なにサビ?

 

…だれかおしえて。

 

シンガポールでYoga mat を探す

シンガポール、ヨガマット探しの旅。

 

これまで、日本のカインズホームで買った

やっすーいヨガマットを使ってたのですが、

足を踏み込んだり

手を押し付けたりすると

すべってうまくポーズが取れない…

ということに気づきました。

 

しかもボロボロになってきたので

買い替えよっかなと。

 

しかーーし!!

ヨガマットの値段のRangeがハンパない!

ホントに安いのは10ドルちょっと。

かと思えば、170ドル近くするのもある…(°▽°)

 

何この差。笑

 

こわい、こわすぎる。

安物の問題(グリップが弱い、傷みやすい)を

わかっていたものの。ちょと躊躇する。

 

でもさ、でもさ、

「安いけどいいもの」ってないのかな?

おねだん以上、ニトリ的なもの。さ!

 

ヨガの先生やってるお友達に相談したところ、

「そんなものはない。」

ということがあっさりわかった。

 

ヨガマットは、

いいものを買えば消耗しない。 

し、

頻繁に買い替えない。

のだから、

ここは一度ちゃんとしたやつを買いましょう。

ということで、私も覚悟を決めました。汗

 

では、どこに行けばよい?

 

はい。

 

 

ヨガマットやウェアは

 ISETAN 3階 とか 高島屋 4階の
スポーツコーナーに行けば

いろいろあるとのこと!

比較できていいかも♡

 

あとはlululemonも有名。

ION Orchard や高島屋にも入ってるみたい。
ただルルは以前にお店行ったとき、
個人的に好みがピンと来なかったので

とりあえず今回は却下。 

 

もう一つ教えてもらったのが

Haji Lane にある Touch the Toe。

今回はここへ行ってみました。

 

Jade か

f:id:nyonya_munya_365:20170209154727j:image

 

Mandukaか

f:id:nyonya_munya_365:20170209154730j:image

 

と思ってたのですが、

どちらも取り扱い有!

 

お店のお姉さんが日本語を話せる方だったので

(日本人ハーフなんだそう)

いろいろ聞きながら、

実際にマットを広げて試させてくれて、

グリップ感とか、テクスチャーとか

確認させてもらいました。

 

ひゃ〜〜感動(°▽°)

 

これまで私が使ってたのと、

ぜ、全然グリップ力が違う。

ホンマもんを実感…

値段の差を実感…

 

カインズ出身の私には

どちらも素晴らしく、

さらに値段にも大差がなかったので、

決めがたく。

 

⚫︎Jade

軽いのあるよ。持ち運び向き?

水洗いもOKだよ

 

⚫︎Manduka

なんといってもguaranteed for life!

Jadeに比べると若干 重めだけど、

でもそこまで重いわけじゃない。

         

うーーん、、、、

 

結局、その日は時間がなくて

決めれなかったんだけど、

かわいいウェアやアクセサリーも

たくさんあったので、

次回は、それもゆっくり見ようっと(*´꒳`*)

 

--------------

Touch the Toe

4A Haji Lane, Singapore 189197

https://www.touchthetoes.com

 

電車に乗り間違えてLove&Peace

今日、電車を乗り間違えた。

 

f:id:nyonya_munya_365:20170209153607j:image

 

なにも考えてなくて

ただ目の前に来た電車に乗って、

電車が走り出してから

「え?これどこ行き?(°▽°)」って我にかえり、

自分がぐんぐん反対方向へと進んでいることに気づく。凹む。

 

f:id:nyonya_munya_365:20170209153808j:image

 

びっくりすることに、私はこれをたびたびやらかす。

 

不注意っていうか、

もはやこんなにやらかす私は病気かもしれない。

 

f:id:nyonya_munya_365:20170209153630j:image

 

f:id:nyonya_munya_365:20170209153642j:image 

 

日本にいた時は

こんなには間違えてなかった(と思う)。

そして間違えた時はひどく落ち込んだ。

行き場のないイライラは

なかなか私を逃してはくれなかった。

今思えば笑えるけど、

間違えた自分を

なんで私ってこうなんやろう。

と、分析しさらに落ち込んだ。

 

それが、最近はそういうことはしなくなった。

少なくとも目的地につく頃、

私は病気かもしれない私のことを

もう忘れてる。

 

頭の中は次の予定へと進んでいる。

 

f:id:nyonya_munya_365:20170209153659j:image

 

初めての海外生活で

ほんとにバカバカしい失敗を繰り返すうちに、私は失敗に鈍感になった。。。。

 

イラっとしたり

落ち込んだりはするけど

「小さな失敗はスルー!」の能力を身につけた。 

 

そうでないとやってられないほど、

失敗が次から次へとやってくる。笑

 

f:id:nyonya_munya_365:20170209153724j:image f:id:nyonya_munya_365:20170209153903j:image

 

誰でも失敗する。

そしてたいていの失敗は

鼻くそぐらい大したことない。

 

そう思うと、自分の失敗も人の失敗も

仕方ない、と思えるようになった。

 

Love &Peaceですね。

 

ていうか、こっちの人あんまり

気にしてない…(°▽°)

日本人、プリプリ怒りすぎてるんかもなぁ。笑

 

初めての海外生活は、

自分と人の失敗を潔く受け入れること

教えてくれております。

シンガポールでいちばん暑い月は?涼しい月は?

おはようございます。

今朝のシンガポールはくもり。

f:id:nyonya_munya_365:20170202133840j:image

どよーん。

 

しかし涼しい。。オープンテラスが最高です。

f:id:nyonya_munya_365:20170202133913j:image 「Plain Vanilla Bakery

 

 

「シンガポール、旅行するならいつがベスト?」

今朝読んだニュースで見つけて驚いたのですが、2月は、シンガポールでもっとも湿度の低い月(http://str.sg/4sky)なんだそう。へぇ!しかも2月前半は過ごしやすくなるって書いてある!(ってこれは今年だけか?)

 

年中トロピカルな気候だから、季節なんて気にとめていなかったけど、実はゆるやかーーーな、季節の移ろいがあるんだなぁ。しみじみ。

 

ところで、日本のお友達からも何回か聞かれたことがあるのですが「シンガポールに行くなら、どの季節が一番いいの?」という質問。1年住んだ私なりに、見解をまとめみました。

 

 

4月、5月は灼熱の日差しがさんさん

シンガポールで一番暑い時期は4月~5月みたいです。ぱっきーんと晴れた景色はきれいかもしれない。でも、ここは赤道直下。さんさんと注ぐお日様の下を歩いたら、、、、焦げます。暑いっていうか、日差しがきついって感じかな。ただそれでも、街の中にはグリーンや日陰も多いので、日本の夏よりは過ごしやすいと私個人的には思う。w

 

 

意外にもオススメは雨季。12月~2月は涼しい

ガイドブックには乾期である3月~10月が晴れるしオススメって書かれていることが多いみたいなのですが、私は、今くらいがすごく過ごしやすくてオススメ。12月~1月は、雨季で雨が多くて涼しいのです。先日は、朝起きて肌寒いと思ったくらい!この赤道直下のこの国でそんなことを思う日がくるとは思わんかった。w だから街歩きや観光して回るのにはちょうどいいんじゃないかなー。雨季といっても日本の梅雨みたいにシトシト一日中降るのとは違うので。むしろこの時期の雨は、降るとどしゃーーっとバケツをひっくり返したような勢いです。なので、降ってしまったらもう、即避難→やむのを待つ。という流れになります。傘を差すとかそういうレベルではないのですー。

 

そしてそんなクレイジーな雨も落ち着いてくるのがこの時期、2月。気温が涼しい上に、雨もひどくない!しかも湿度低いんだって(ほんとか?w)。最高ですね。ただし、旧正月中(*毎年変わる。2017年は1月27-30日)は、ホーカーを中心に、いろんなお店ががっつり閉まるので、そこは避けたほうがよさそうですよー。

 

でもね、最終的には大した差はないという結論。

とはいえ、赤道直下の気候帯。平均気温と雨量は大差ない!(こちらのグラフをご覧ください)年中通して雨降るし、気温もほぼ横ばい。しかも、観光地には日陰があったり雨よけがあったりすることが多いので、なんとかなりますよ~。乾期だってスコールあるし、雨季にも晴れの日はあります。だからシンガポールはいつでもWelcome! それぞれの、ご都合が良い時にいらっしゃればよいかと思います。以上が、1年シンガポールに住んでみて思う、私の結論でした。